記事の詳細

自然素材にも色々な種類がありますので、リフォームで素材を選ぶ際のポイントについてご紹介いたします。

自然素材は経年と共に変化するという特徴があるため変化する事も考慮して、快適な暮らしを手に入れるためにも調湿性や吸湿性などの機能性を考慮して選ぶ事が大切ですよ。

例えば、壁に使われる事が多い珪藻土と漆喰はそれぞれ調湿性や機能性に優れていますし、珪藻土は温かみのある色合いが特徴的で、漆喰は抗菌や防火性能が期待できるのです。

床材として使われる事が多い無垢材は調湿性と保温性に優れていて、木ならではの温かみが感じられますし、コルクは調湿性を発揮して断熱性能を高めてくれる効果が優れていて、環境に優しいという特徴があるのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る