記事の詳細

お客様の住まいの修繕工事をおこなう場合には、リフォーム業者さんは修繕工事の計算をした後に下請職人を仲介、お客様と一緒に住設機器など他の業界と一緒で中抜きをおこなっています。

しかし職人に直接声をかければ安くなるのかと言いますと、確かに安くなる可能性が高いのですが、職人に関する知識が無いと後になって後悔してしまう可能性があります。

建築職人は職人さんによっては指示された内容の工事しかおこなわない可能性があり、大工さんがペンキをぬったり、電気工事屋が水栓を取り替えたりすることはまずありえません。
他人の仕事を奪わないというルールが職人の世界にあるためです。

指示をされてない仕事を勝手にやることはルール違反になってしまうためです。ですので、職人さんに依頼をする際にそういったことを覚悟してから依頼をおこなうほうがよいかと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る