記事の詳細

国や地方自治体には予想外なほど多くのリフォーム優遇制度が用意されており、上手くその制度を使用することによって減税や補助金・助成金の交付など様々な恩恵を受けることが可能となっています。

制度ごとに定められた用件を満たすことによって贈与税の非課税、所得税の控除、固定資産税の減額などの措置を受けることが出来、減税・補助金制度を知らなかったときよりもお気軽にリフォームをしやすくなるのではないのでしょうか。

国には高齢者住宅改修費用助成制度があり、要支援、要介護と認定された人が住む住宅でバリアフリーリフォームを行う場合には20万円まではその9割を負担していただける制度があります。
手すりの取り付けや段差の解消などが主な施工のもので、対象になるならぜひ忘れずに申請しておきたい施工であるかと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る