記事の詳細

日本では新築の家を持つことがステータスとなっている新築至上主義が長い間つづいていました。約30年の周期で建物を壊して立て直すを繰り返していました。
 
近年では土地の高騰・建築材料高騰や建物構造偽造事件などの理由から消費者目線から見た妥当の住宅価格設定とはちがった販売価格で住宅が供給されるようになり、消費者の住宅購入の選択肢が新築だけでなく中古物件やリノベーションにも需要が集まるようになってきました。
 
これらが注目されてきた理由としては環境保護の観点も挙げられており、これまでが新築至上主義でしたので、大量の廃材が生まれ、大量の材料が必要となりますので、環境には良いとは言えない状況となっていました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る