記事の詳細

建築基準法の建ぺい率・容積率の規制が建築当時より厳しくなっていた場合、今よりも小さい家屋になってしまう可能性があります。リフォームならば広さはそのままで内部を一新することができます。
リフォームであれば予算の範囲内でキッチンのみ、寝室のみなど施工をしたい部分のみを改装することができます。

しかし、大規模な改修等をする場合などによって建て替えをおこなったほうが良い場合が有ります。地盤が悪くなっており、家屋が傾いている場合や土台や柱が腐食していたり、シロアリなどによって浸食されている場合等や地震に弱い束基礎の場合等です。

全面改修で、リフォーム工事費が新築以上に高額になってしまう場合には建て替えのほうが良い場合が有ります。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る